イオンカードの利用限度枠の増枠・一時増枠について

クレジットカードには利用限度枠(利用限度額とも言います)があります。
例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円とか。

この利用限度枠では足りない場合、増枠(増額)または一時増枠(一時増額)を申請することができます。

イオカードも全ての券種において、利用限度枠の増枠・一時増枠申請ができます。

利用限度枠の増枠・一時増枠の申請方法

増枠の申請方法としては、電話またはネットからできます。

電話で申請をする場合は、イオンカードの裏に記載されている電話番号へ電話をします。

ネットから申請する場合は、イオンカードの公式サイト「暮らしのマネーサイト」へアクセスして、MyPageへログインします。
「カード登録内容照会・変更」→「増額申請」で増額の申請をします。
MyPageへログインするには、イオンスクエアメンバーのIDが必要ですので、まだIDを持っていない方は、「暮らしのマネーサイト」でイオンスクエアメンバーの登録をします。

利用限度枠の一時増枠と増枠の違い

一時増枠
名称の通り、一時的に、一定期間だけ、利用限度枠を増枠してもらうことです。

例えば、海外旅行へ出かける予定があったり、新生活を始めるにあたって家電などをまとめて買う必要があったり、結婚式・披露宴でお金が必要だったり、一時的にクレジットカードの利用枠を増やしたい場合に一時申請をします。

海外旅行へ行くのに、クレジットカードの利用限度枠が20万円とかだと、ちょっと少なくて心配です。
そういう時に、一時増枠の申請をして、40万円とか50万円とかに増枠してもらうといいです。

但し、一時増枠の申請においても審査がありますので、必ずしも希望通りの増枠とならんない場合もあります。増枠より一時増枠の方が審査にとおりやすいです。

増枠
一時的にではい増枠です。

例えば、クレジットカードを作った時の収入が少なくて、利用限度枠が10万円に設定された、しかし、それから収入も増えているし、10万円の限度額では10万円以上の買い物ができない、これでは不便なので増枠をしたい、という場合などに、利用限度枠の増枠申請をするといいです。

一時増枠・増枠の審査はきびしいのか?

イオンカードはカードの入会審査自体は、あまり厳しい方ではありません。
しかし、増枠に関しては、利用実績などをある程度厳しめに審査されると言われています。

着実にお持ちのイオンカードでの利用実績を積み上げて、その上で、半年後、1年後に増枠の申請をするのがベターです。

例えば、現在の利用限度枠が50万円なのに、毎月のクレジット利用が数万円である場合などは、実際の利用額に対して利用限度枠が十分に余裕がある場合などは審査に通らないかもしれません。

また、他社のクレジットカードでリボ払いの残高が多いとか、他社でのキャッシングの残高が多いとか、そういう場合も、増枠審査に通らないかもしれません。

しかし、増枠の審査も含み、クレジットカード会社の審査というものは、外部からはブラックボックスのようなものですので、一概に、こうだから審査に通らない・審査に通るとは言い切れない部分があります。

ですので、イオンカードを作って、毎月、着実に利用実績を積み上げて、延滞などもせず、半年後、1年後に、増枠申請をするのが良いです。

前述しましたが、一時増枠は、増枠より審査はとおりやすい傾向にあります。

利用限度枠の増枠は申請しなくても増える場合も

例えば、クレジットカード入会当初は利用限度枠が20万円だったのに、2年後、3年後などに、こちらから申請しなくても、クレジットカード会社からのお知らせで、利用限度額が50万円とか80万円とかに増枠されるということがあります。

その増枠額に別に問題がなければ、そのまま増枠で使って行きましょう。

ただ、自分は、増枠したくないという方は、限度枠を引き下げてもらうということもできます。
例えば、家族カードを配偶者や子供に与えていて、利用枠を増やしたくないという場合もあるそうです。

逆に、利用限度枠がクレジットカード会社側から下げられるということもあります。

私は、クレジットカードを6枚ほど持っているのですが、その一枚にDCカードがあります。
そのDCカードは義理で作ったもので、一度も使うことなく持っていました。
カード入会当初は利用限度枠が50万円だったのですが、作って10年ほど、ほぼ一度も使わないでいたら、今では利用限度枠が10万円です。
解約してもいいのですが、解約するのも面倒で、今も持ち続けているという状態です。

このように、利用実績がないと、利用限度枠が引き下げられる、という場合もあります。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫