イオンカードはダイエーでの買い物でもお得

スーパー「ダイエー」は、イオンの傘下になっていますので、イオンカード会員の方は、ダイエーでもお買い物の際に、割引やポイント優遇などの特典が受けられます。

以前は、ダイエー系のセディナOMCカード会員の方が割引やポイント優遇などの特典がありましたが、現在は、イオンカード会員の方がそれらの特典を受けられるようになっています。

ですので、イオンカードを持つことのメリットとして、ダイエーでのお買い物時のお得もあります。

ダイエーで普段お買い物をする機会が多い方も、是非イオンカードを作っておくとお得です。

ですが、イオンとダイエーでは、若干特典に違いがあります。

以下で、イオンカード会員の方がダイエーで受けられる特典についてご紹介していきたいと思います。

お客さま感謝デー5%割引き

ダイエーお客さま感謝デーの画像


毎月20日・30日は、ダイエーも「お客さま感謝デー」となっていて、5%割引きとなります。

イオンマークの付いている全てのイオンカードが対象です。

また、イオンカードだけでなく、電子マネー「WAON」での支払い、「WAON POINTカード」提示で現金支払いでも5%割引き対象となります。

いつでもポイント2倍

イオングループ店舗で毎日ポイント2倍の画像


ダイエーでお買い物の際に、イオンカードでお支払されると、365日いつでも、イオンカードのときめきポイントが2倍付きます。

お買い物金額「200円ごとに1ポイント」だったのが、「200円ごとに2ポイント」になりましたので、毎日ポイント還元率1%でときめきポイントが付きます。

毎日ポイント2倍は、イオンカード会員だけの特典で、「WAON」での支払い、「WAON POINTカード」提示ではポイント2倍となりません。
尚、2019年7月1日からは、イオングループ店舗ならWAONでの支払いもいつでもポイント2倍になりましたので、「200円ごとに2ポイント」が貯まるようになっています。
もちろん、ダイエーでもポイント2倍です。

WAONのポイント2倍について→

毎週日曜日はポイント10倍

ダイエー毎週日曜日ポイント10倍の画像


毎週日曜日には、ダイエーでのお買い物の際にはポイントが10倍付きます。

「200円ごとに10ポイント」ですので、日曜日はポイント還元率5%でポイントが貯まるということになります。

ポイント10倍の適用は、イオンカードでの支払い、または「WAON」での支払いとなります。

「WAON POINTカード」提示ではポイント10倍となりません。

※ダイエー・グルメシティだけの特典であり、イオンやマックスバリュなどではこの特典はありません。

5の付く日はポイント5倍

ダイエー5のつく日はポイント5倍の画像


2016年11月までの限定ですが、毎月5の付く日、つまり、5日・15日・25日は、ダイエー・グルメシティで「WAON POINT」が5倍貯まります。

摘要となるのは、イオンカードまたは「WAON POINTカード」です。
電子マネー「WAON」での支払いは摘要となりませんのでご注意を。

「WAON POINTカード」提示で現金支払いすると「200円ごとに5ポイント」のWAON POINTが貯まります。

イオンカード提示で現金支払いをすると「200円ごとに5ポイント」のWAON POINTが貯まります。
現金ではなくイオンカードのクレジット払いにすると、さらに、毎日ポイント2倍分のときめきポイントが貯まります(「200円ごとに2ポイント」)。
つまり、7倍のポイントが貯まるということになります。

※ダイエー・グルメシティだけの特典であり、イオンやマックスバリュなどではこの特典はありません。
※イオンやマックスバリュは、毎月5日・15日・25日は「おきゃく様わくわくデー」となっていて、「WAON」支払いでポイント2倍となっています。

ダイエーが対象外となるイオンカード特典


毎月10日の「ありが10デー」ポイント5倍。

毎月15日の「G.G感謝デー」55歳以上の方限定5%割引き。

この2つの特典は、今のところダイエーは対象外となっています。

『イオンカード(WAON一体型)』公式申し込みページ ≫


【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→