「VISA」「Mastercard」「JCB」国際ブランドの選び方

『イオンカード(WAON一体型)』は、「VISA(ビザ)」「Mastercard(マスターカード)」「JCB(ジェーシービー)」の中から国際ブランドを選ぶことができます。

『イオンカード(WAON一体型)』をはじめイオンカード各券種の発行や管理は「イオンクレジットサービス株式会社」が行い、決済の部分は国際ブランド各社が行っているとお考えください。

ですから、同じ『イオンカード(WAON一体型)』でも、国際ブランドが「JCB」の場合は、「VISA」や「Mastercard」しか取り扱っていないお店では使えないということになります。

国際ブランドの選び方のポイント

VISA
「VISA」世界の加盟店数は2920万店以上、日本国内・海外でも一番使えるブランドです。海外のマイナーな地方へ行っても「VISA」なら使えるというお店が少なくありません。旅行番組など海外を紹介するテレビ番組を見ていると、海外の地方都市のお店が映った時「JCB」や「Mastercard」の表示はないけれど、「VISA」の表示はあるということがけっこうあります。それだけ「VISA」は世界の隅々まで加盟店を広げているということになります。

Mastercard
「Mastercard」世界の加盟店数は2920万店以上、日本国内・海外でもほぼ問題なく使えるブランドです。「VISA」と同じく2920万店以上の加盟店数となっていますが、「VISA」ほど世界の隅々までまんべんなくとはいたっていない感じを受けます。

JCB
「JCB」世界の加盟店数は1040万店以上、唯一の日本発の国際ブランドで、日本国内の加盟店数は最大です。ただ、「VISA」「Mastercard」の加盟店数と比較すると約1/3となっているように、海外において主要都市には加盟店が増えていますが、地方へ行くと「JCB」の加盟店ではないという例がまだ多いのも事実です。日本人が行く海外旅行先なら加盟店は「VISA」「Mastercard」に劣りません。ハワイやアメリカ、ローロッパやアジアの主要都市や主要観光地なら「VISA」「Mastercard」並みに加盟店があります。

では、どの国際ブランドを選べばいいの?
総論として、クレジットカードを使うのはほぼ日本国内でという方は「JCB」「VISA」「Mastercard」どれを選んでも不便はないです。

海外旅行へ行ってクレジットカードを使うという方は、「VISA」か「Mastercard」を選ぶといいです。海外でもあまり日本人がいかないようなところへも旅行などで行くという方は「VISA」を、という基準で選ぶといいのではないかと思います。

ちなみに、私は、6枚のクレジットカードを持っていますが、「VISA」が4枚、「JCB」「Mastercard」は1枚ずつです。

それと、クレジットカードの国際ブランドは、「JCB」「VISA」「Mastercard」の他に、「AMEX(アメリカンエキスプレス)」「diners(ダイナース)」があります。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫