ときめきポイントタウンでポイントをお得に

イオンカードのときめきポイントタウン画像


クレジットカード会社のほとんどは、カード会員向けのネットショッピングモールを開設していて、そのモールを経由してネットショッピングをすると、ポイントをお得に獲得できるようになっています。

イオンカードの会員向けネットショッピングモールは『ときめきポイントタウン』といいます。

『ときめきポイントタウン』を経由してネットショッピングをすると、通常の2倍〜最大21倍のときめきポイントを獲得できます。提携ネットショップは500店以上です。

ですから、『イオンカード(WAON一体型)』に限らず、イオンカードを作ったら、ネットショッピングは『ときめきポイントタウン』経由することをお忘れなく!

有名なネットショップを例にあげると、楽天市場、アマゾン、Yahooショッピング、ベルメゾンネット、DHCなどがあり、いつでもポイント2倍となっています。

ベルメゾンやDHをはじめ、度々ポイントアップ特典をやっていたり、すぐに使えるポイントアップクーポンの発行もしています。

季節ごとに特集も組まれ、例えば年末近くになると、「お歳暮特集」や「おせち特集」が組まれ、百貨店のオンラインストアなどをはじめポイントが5倍・10倍などになります。

旅行が好きな人なら、一休.com、HIS、JTB、JAL、近畿日本ツーリスト、エクスペディア、じゃらん、楽天トラベル、Yahooトラベルなど(この他にももっとあります)、参加旅行関連会社が充実していて、どこも2倍以上のポイントが貯まります。

 

ちなみに、2倍といっても、イオンカードは基本的に買い物金額200円ごとに1ポイントが付き、1ポイントが1円の価値ですから、ポイント還元率は0.5%となっています。2倍となって1%の還元率になるということです。

ですから、例えば、楽天市場で買い物をするのなら、「楽天カード」で買い物をすると2%の還元率でポイントが貯まるので、『ときめきポイントタウン』を経由するより倍のポイントを獲得できるということになります。

アマゾンでしたら「アマゾンカード」「ジャックス・リーダーズカード」、Yahooショッピングなら「Yahoo! Japanカード」、ベルメゾンネットなら「ベルメゾンカード」でネットショッピングした方がお得にポイントを獲得できます。

でも、それら全てのクレジットカードを持つのは面倒ですから、そのショップ系列のクレジットカードを持っていない場合は、『ときめきポイントタウン』を経由してネットショッピングするとポイントをお得に獲得できますので、ネットショッピングをするときは、とりあえず『ときめきポイントタウン』をチェックしてお店が入っていないか確かめてみるといいですよ。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫
【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→