グーグルペイでワオンが使えてポイントも貯まります

Google Payで使える電子マネーの画像

Androidスマホで使える決済アプリの「Googlepay(グーグルペイ)」が日本での提供も開始されました。

日本においては、6種類の電子マネーが、グーグルペイで使うことができます。

  • WAON(ワオン)
  • nanaco(ナナコ)
  • 楽天Edy(楽天エディ)
  • Suica(スイカ)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • iD(アイディ)
です。

このページでは、グーグルペイでのWAONの使い方についてや、グーグルペイでWAON使うことのメリット・デメリットなどについて、ご紹介していきたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、従来からモバイルWAON、および、モバイルJMB WAONは提供されています。

それに加えて、グーグルペイでもモバイルWAONが使えるようになった、ということです。

従来のモバイルWAONと同様に、グーグルペイWAONも、登録手数料や年会費はかかりません無料です

従来のモバイルWAON同様に、グーグルペイWAONも、「Google Play」でアプリをダウンロードして、すぐにでも使えるようになります。

もちろん、WAON利用分には、グーグルペイでのWAONも、「200円ごとに1ポイント(1円相当)」が貯まります。

既に、従来のモバイルWAONを利用している人などは、従来のモバイルWAONと、グーグルペイでのWAONを、併用で使うこともできます。
グーグルペイでWAONを使い始めるからと言って、従来のモバイルWAONを削除する必要はありません。

※ただし、「モバイルJMB WAON」の方は、残念ながら、グーグルペイで使うことはできません。
※「モバイルJMB WAON」とは、WAON利用でJALマイルが貯まるモバイルWAONのことです。

私は、個人的な考え方ですが、従来のモバイルWAONを利用しているのでしたら、グーグルペイでWAONを使う必要はないかな、と思わないでもないです。

WAON以外の電子マネーも使っていて、利用している複数の電子マネーをグーグルペイで管理したい、という場合はメリットがあるのかもしれませんが。

下記でご紹介していきますが、従来のモバイルWAONで使えている機能、例えば、アプリ内でのポイントチャージですが、グーグルペイWAONの場合は、貯まったポイントをWAONへチャージする場合、WAONステーションで行わなければならないのでちょっと面倒さがあったりするのです。

そういう点なども比較検討して、従来のモバイルWAONを使うか、グーグルペイでWAONを使うか、あるいは併用で使うかを、お決めになるのがよいと思います。

WAONの公式サイト内のグーグルペイWAONの紹介ページでも、「WAONをもっと便利に使うならモバイルWAONで!」と記載しているくらいですので。

グーグルペイWAONとモバイルWAONとのサービス比較


モバイルWAOM Google Pay
新規発行
残高・取引履歴照会※1
クレジットチャージ※2
現金チャージ
センター預かりポイントの受け取り ※3
ポイントチャージ ※3
お客さま情報の変更
パスワード変更(各種手続き時に必要)
残高限度額変更 ※3
機種変更 ※4
※1:Google Payアプリでの履歴表示はバリューの増減があった履歴のみ表示します。
(ポイントダウンロードに関する履歴は表示しません)
※2:Google PayはGoogleアカウントに紐付くクレジットカードでのチャージとなります。
※3:WAONステーションからは可能となります。
※4:モバイルWAONを使用すればGoogle Payに登録したカードも引き継げます。

個人的には、やはり、ポイントがらみでの利用部分が、グーグルペイWAONはWAONステーションでの手続きとなるので、その辺が面倒と言えば面倒です。
WAONステーションを利用するにはイオンの店舗へ行く必要がありますし、WAONステーションに人が並んでいる場合があったりします。
そういうことを考えると、従来のモバイルWAONだと、アプリ上で、サクッとポイントチャージができてしまうのは便利手よいと思います。

グーグルペイでのWAON設定


●WAONの初期設定(Google Payが初回起動の場合)
  1. Google Payアプリを起動し「使ってみる」をタップ
  2. 「WAON」を選択し、「同意する」をタップ
  3. 「WAONのパスワード」を入力し、「アカウントを作成」をタップ
  4. 発行完了

●WAONの初期設定(他の電子マネーを紐づけたことがある場合)
  1. Google Payアプリを起動し「支払い」をタップ
  2. 「お支払い方法」をタップ
  3. 「電子マネー」をタップ
  4. 「WAON」を選択し、「同意する」をタップ
  5. 「WAONのパスワード」を入力し、「アカウントを作成」をタップ
  6. 発行完了

●モバイルWAONをお持ちのお客さまの設定方法
  1. Google Payアプリを起動し「支払い」をタップ
  2. 「お支払い方法」をタップ
  3. 「電子マネー」をタップ
  4. 「WAON」を選択し、「同意する」をタップ
  5. (※「既存のWAONを有効にします」と表示されます)
  6. 登録完了
※モバイルJMB WAONはご利用できません。

グーグルペイWAONのクレジットチャージについて

グーグルペイのWAONも、従来のモバイルWAON同様に、イオンマークのついたクレジットカードからのチャージが可能となっています。

イオンマークの画像
イオンマークのついたクレジットカード以外からはチャージできませんのでご注意ください。
イオンマークのついたクレジットカードとは、イオングループのカード会社である、イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードです。

イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードは、54種類ほどあります。

例えば、
など

従来のモバイルWAONでしたら、WAONチャージにおすすめしたいのは、「イオンカードセレクト」ということになります。
なぜなら、数あるイオンマークのついたクレジットカードの中で、唯一、WAONチャージでポイントが貯まるカードだからです。
「イオンカードセレクト」からのオートチャージ設定をすると、毎月のオートチャージ総額にたいして「200円ごとに1ポイント(1円相当)」ときめきポイントが貯まるのです。

『イオンカードセレクト』公式ページ→

しかし、グーグルペイWAONの場合は、今のところ、都度のチャージとなっています。
したがいまして、グーグルペイへ「イオンカードセレクト」を登録して、WAONへチャージすることはできるのですが、オートチャージ設定することはできないのです。
オートチャージされた場合のみポイント付与となっていますので、都度チャージとなるグーグルペイWAONの場合はポイントを貯めることはできないのです。

この点を考えても、従来のモバイルWAONを使うか、従来のモバイルWAONとグーグルペイWAONを併用するのが良いと思います。

ちなみに、グーグルペイWAONでのクレジットカードチャージの方法は以下となります。

●グーグルペイWAONでのクレジットカードチャージ方法
  1. Google Payアプリを起動
  2. 「チャージ」を選択
  3. ご利用のクレジットカード、金額を選択
  4. ※最低1,000円からとなります。
    ※セキュリティコードを要求される場合がございます。
  5. チャージ完了

グーグルペイWAONの現金チャージについて

イオングループ店舗お店のレジで「WAONチャージお願いします」などと、チャージしたい旨を伝え、
チャージ金額を伝えて、その金額を支払います。
レジ前に置いてある端末へスマートフォンをかざします。

チャージ金額は1,000円単位です。
1回につき最大49,000円まで可能です。

チャージできるお店は、イオングループのイオン、マックスバリュ、ダイエー、ミニストップなどはもちろんのこと、
イオングループ外のローソンやファミリーマート、ツルハドラッグ、ウエルシアなどでもできます。
【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→