高速道路会社提携のイオンカード

高速道路会社提携イオンカードのイメージ画像

あまり知らない方も多いと思いますが、イオンカードは、高速道路会社との提携クレジットカードも発行しています。

ですので、例えば、普段の買い物をイオン系のスーパーですることが多く、首都高速道路も走ることもある、という方は、「イオン首都高カード」を作ると、イオン系スーパーでもお得ですし、首都高利用においてもお得です。

また、既に、何らかのイオンカードをお持ちでも、イオンカードは提携カードを含めて、複数枚のカードを保有できますので、例えば、既に、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、「イオン首都高カード」にもお申し込み可能だということです。イオンカードは複数枚持ちOK→

あるいは、首都高と中央自動車道(高速道路)を日常的に使うという方は、「イオン首都高カード」と「イオン NEXCO中日本カード」をお申し込みできるということです。

イオンカードが高速道路会社と提携発行しているクレジットカードは、以下の4枚となっています。

  • イオン首都高カード(WAON一体型)/首都高との提携
  • イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)/阪神高速道路との提携
  • イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)/ネクスコ東日本との提携
  • イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)/ネクスコ中日本

いずれのカードも、ETCカードも自動で発行されます。

それと、いずれのカードも、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」機能がクレジットカードに搭載されていますので、現金チャージしてもいいですし、クレジットチャージしてもいいですので、お金をチャージ(入金)すれば「WAON」でお支払いができます。
もちろん、WAONでお支払いいた分には、基本的に「200円ごとに1ポイント(1円相)」のWAONポイントが貯まります。

また、この4枚の高速道路提携イオンカードも、イオンカード共通の特典やサービスが付帯しています。

それに加えて、各高速道路利用やサービスエリア利用時に、ポイント優遇されたり、割引特典があったりします。

それでは順番に、各カードの特徴(独自の特典サービスなど)、それに続いて、イオンカード共通の特典サービスなどについてご紹介していきたいと思います。


イオン首都高カード(WAON一体型)の特典

イオン首都高カードのイメージ画像

毎週日曜日はイオン首都高カードのETC専用カードの利用で、首都高通行料金が20%割引きになります。割引は請求時にとなります。

首都高パーキングエリアの売店・レストランでイオン首都高カードでお支払いをすると、ときめきポイントが通常の5倍貯まります。通常は「200円ごとに1ポイント(1円相当)」ですので、5倍だと「200円ごとに5ポイント(5円相当)」貯まるということです!還元率で言うと、2.5%ということになります。

首都高カード側の付帯サービスとして、宿泊施設、レストラン、ショッピングの割引きがあります。(首都高はイオンカード以外に、セディナ提携の「首都高カード」、JCB提携の「首都高ビジネスカード」があり、その3枚の共通付帯サービスです)

・イオン首都高カードで駐車場のタイムズの料金を支払うと、タイムズクラブのタイムズポイントが貯まります。首都高速道路沿線のタイムズ駐車場の満車・空車情報も分かります。

『イオン首都高カード』の公式ページ ≫


イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)の特典

イオンTHRU WAYカードのイメージ画像

毎週日曜日はスルーウェイETCカード利用で、阪神高速道路通行料金が5%割引きになります。割引は請求時にとなります。
(「イオンスクエアメンバー」に登録後、「スルーウェイ 阪神高速 日曜日割引サービス」へ登録してください。登録しないと割引にならないのでご注意を!)

阪神高速パーキングエリアの売店・レストランでイオンTHRU WAYカードでお支払いいただくと、ときめきポイントが通常の10倍貯まります。通常は「200円ごとに1ポイント(1円相当)」ですので、10倍だと「200円ごとに10ポイント(10円相当)」貯まるということです!還元率で言うと、なんと5%!ということになります。

スルーウェイカード側の付帯サービスとして、乗船・乗車、宿泊施設、レジャー・スポーツ施設などでの割引き等があります。

・イオンスルーウェイカードで駐車場のタイムズの料金を支払うと、タイムズクラブのタイムズポイントが貯まります。阪神高速道路沿線のタイムズ駐車場の満車・空車情報も分かります。

『イオンTHRU WAYカード』の公式ページ ≫


イオン E-NEXCO pass カードの特典

イオン E-NEXCO pass カードのイメージ画像

NEXCO東日本エリアのサービスエリアやパーキングエリア内の対象店舗でお買物やお食事などの際に、イオン E-NEXCO pass カードでお支払いいただくと、ときめきポイントが通常の2倍貯まります。通常は「200円ごとに1ポイント(1円相当)」ですので、2倍だと「200円ごとに2ポイント(2円相当)」貯まるということです。還元率で言うと、1.0%ということになります。

・イオン E-NEXCO pass カードの利用で貯まった「ときめきポイント」を「E-NEXCOポイント」に交換すれば、全国の高速道路料金への還元やNEXCO東日本エリアのSA、PAでお支払いの際に使うことができます。
※4枚の中で、独自の特典サービスが一番少ないのが残念ではあります。ただ、唯一、貯まった「ときめきポイント」を交換することで、全国の高速道路料金の支払いに使えるので、ポイントで高速道路利用料金を支払って節約したいという方にはオススメと言えます。

『イオン E-NEXCO pass カード』の公式ページ ≫


イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)の特典

イオン NEXCO中日本カードのイメージ画像

毎月20日・30日にイオン NEXCO中日本ETCカードで走行すると、ときめきポイントが2倍貯まります。通常は「200円ごとに1ポイント(1円相当)」ですので、2倍だと「200円ごとに2ポイント(2円相当)」貯まるということです。還元率で言うと、1.0%ということになります。ネクスコ中日本の管理する高速道路以外の高速道路・有料道路の走行でも2倍となります。

NEXCO中日本エリアのSA・PA内の対象店舗でイオン NEXCO中日本カードでお支払いいただくと、ときめきポイントが通常の2倍貯まります

・イオン NEXCO中日本カードの利用で貯まった「ときめきポイント」を、全国でのETC走行(ETCマイレージサービスの無料通行分)に交換できます。
交換は1,000ポイント単位です。つまり、ときめきポイント1000ポイント→1000円分のETCマイレージサービスの無料通行分に交換できます。

・お申し込み後、イオン NEXCO中日本カード送付時に、NEXCO中日本エリアのSA・PAでご利用いただけるお買い物券200円分を同封いたします。

・ハイウェイホテル「レストイン多賀・時之栖」の宿泊代金をイオン NEXCO中日本カードでお支払いいただくと、当該施設でご利用いただける500円分のお買い物券を進呈します。

『イオン NEXCO中日本カード』の公式ページ ≫


イオンカードの共通特典


イオンカードを発行するイオンクレジットサービス株式会社は、現在、約50種類以上のクレジットカードを発行しています。

例えば、イオンSuicaカード、ベネッセ・イオンカード、スポーツオーソリティカード、ツルハドラッグカード、もイオンクレジットサービスが発行しています。

これらのクレジットカードにイオンのクレジットカード会社が発行するクレジットカードならではの共通して付いている特典があります。

それを、ここではご紹介したいと思います。

クレジットカード年会費は無料
イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードは、基本的に年会費無料です。
イオンゴールドカードさえ年会費無料なんです。
もちろん、高速道路会社提携のイオンカードも年会費無料です。

それと、ETCカード家族カードも年会費無料です。

毎月20日・30日はイオン系スーパーで5%割引き
毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」となっているので、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグ、ダイエーなどの店舗で、イオンマークのカードのクレジットまたはWAONでお支払いをすると、お買い物代金が5%割引きとなります。

この20日・30日の5%割引き特典は、イオンカードを持つ最大の魅力だと私は感じています。

例えば、ポイント高還元率カードの定番である楽天カードのポイント還元率は基本的に1.0%です。
イオンカードは5%割引きですので、毎月20日と30日にある程度のまとめ買いをすると、かなりのお得というか節約になります。

ですので、イオンカードを作られましたら、是非、この毎月20日・30日5%割引きという特典は積極的に利用するといいです。

イオングループ店舗で毎日ポイント2倍
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ、ミニストップ、イオンシネマ、ウエルシア薬局などイオングループの対象店舗にてクレジット決済でお買い物等のお支払いをすると、いつでも、ときめきポイントが「200円(税込)ごとに2ポイント(2円相当)」貯まります。還元率で言うと1.0%です。

ちなみに、イオングループ以外でのクレジット決済の場合は、「200円(税込)ごとに1ポイント(1円相当)」です。

毎月15日「G.G感謝デー」も5%割引き(55歳以上)
55歳以上のイオンカード会員に限りますが、毎月15日は「G.G感謝デー」となっていて、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどの店舗で、イオンカードのクレジット決済でお支払いいただくと、請求時に5%割引きとなります。
また、「WAON」でのお支払いだと、レジにて、お買い物代金が5%割引きとなります。

55歳以上の方は、15日、20日、30日と、少なくとも毎月3日間は、5%割引きでお買い物ができます。

毎月10日はポイント2倍
毎月10日「ときめきWポイントデー」となっていて、イオンマークのカードのクレジット利用で、ときめきポイントが2倍貯まります。
つまり、毎月10日は、どこでお買い物をした分にも、「200円(税込)ごとに2ポイント(2円相当)」貯まるということです。還元率で言うと1.0%です。

イオングループ以外のお店でお買い物をしたりお食事をしたり、アマゾンや楽天でお買い物をしたり、といった分も、10日ならポイント2倍で貯まるということです。

イオンシネマの映画一般通常料金各300円引き
イオンシネマの一般通常料金(1,800円(税込)または、1,700円(税込))をイオンカードでお支払いいただくと、会員の方と同伴の方(大人1名様まで)各300円割引きとなります。

映画好きの方は、是非、利用したい割引特典です。同伴の方も1名までは割引きなので、誰かを誘って映画をというのもいいですね。

イオンiDが使えます
NTTドコモのおサイフケータイ対応の携帯電話とスマホで、後払い電子マネー「iD」が使えます。
その「iD」にイオンカードを紐付けて使うことができます。

「イオンiD」のお申し込みは、ネットのイオンファイナンシャルサービス「暮らしのマネーサイト」からできます。

「iD」利用分もクレジットカード利用代金として請求され、ときめきポイントの付与対象です。

「iD」は、ほぼ全てのコンビニチェーンでも使えますし、クレジット決済しづらい場合でも、「iD」なら気軽にでき来ますので、クレジットと「iD」との決済を上手に使い分けるといいです。

「イオンカードiD」について詳しく→

イオンカードはアップルペイへ登録できます
イオンクレジットサービスが発行するクレジットカードは、高速道路提携カードも含めて、iPhoneやアップルウォッチで利用できる「アップルペイ」へ登録することができます。

イオンカードを「アップルペイ」へ登録すると、「iD」が割り当てられるので、「iD」が使えるお店でお買い物の際などに、お支払いできます。

「アップルペイ」利用分もクレジットカード利用代金として請求され、ときめきポイントの付与対象となります。

イオンカードとアップルペイについて詳しく→