「WAON POINTカード」 3つの特典変更

「WAON POINTカード」の特典変更のイラスト図

2020年4月1日、「WAON POINTカード」の特典が変更されました。
変更点されたのは3つです。
それでは、1つずつご紹介していきたいと思います。

変更1 現金専用ポイントカードに

「WAON POINTカード」、イオンなどで買い物をほしたときに、提示することにより、200円(税込)ごとに1ポイントが貯まる、ということで利用されている方も多いのではないでしょうか。

あるいは、クレジットカードのイオンカードも「WAON POINTカード」機能が付いていますから、イオンとかでの支払い時にレジで提示して、現金で支払ってポイントを貯めている、という人も多いと思います。

私も、イオンでは、基本的に電子マネーWAONで支払いますが、現金で支払う時は、クレジットカードのイオンカードを提示して、ポイントを獲得するようにしています。

この「WAON POINTカード」でポイントを獲得できる支払い方法が、2020年4月1日に変更され、現金・イオン商品券・イオンギフトカードの支払いにのみ、ポイント付与されることになったのです。

それ以外の支払い方法、他社クレジットカード、他社電子マネー、他社発行の商品券・ギフト券の場合は、「WAON POINTカード」を提示してもポイントが付与されない、ということに変更されました。
(イオンカードの「WAON POINTカード」機能も同様です)

↓変更後の「WAON POINTカード」でのポイント付与
「WAON POINTカード」の特典変更の説明図

変更2 お客様さま感謝デー割引対象外に

テレビCMの「20日・30日5%オフ♪」でお馴染みのお客さま感謝デー、
この日に、イオン、マックスバリュー、ダイエーなどのイオングループ店で、
食料品、衣料品、暮らし品が5%割引で買えるのですが、
2020年4月からは、「WAON POINTカード」提示での場合は、5%割引の対象外となりました。

つまり、
  • イオンカードのクレジット決済、
  • 電子マネーWAONでの決済、
  • イオンiD決済、
  • イオンデビットカード決済、
以上のお支払い時のみに5%割引となるとのことです。

変更3 ボーナスポイント付与の対象外に

対象店舗で対象商品を購入した時などに付与されるボーナスポイント、
こちらの特典も2020年4月1日から「WAON POINTカード」では対象外となりました。

クレジットカードのイオンカードか、電子マネーWAONでのお支払い時のみが対象となりました。

このボーナスポイントは、あまり気にされて買い物をされていた人は少ないのではないでしょうか。
私の場合は、買い物をした後にレシートを見てポイントが付いていたらラッキーと思う程度でしたので。

 


以上の3つの「WAON POINTカード」提示によって得られていた特典が、2020年4月1日より、残念ながら得られなくなりました。

イオン側の発表によると、よりキャッシュレス化を推進したいということによる変更とのことです。

ですので、イオン、マックスバリュー、ダイエーなどのイオングループ店舗での買い物機会が多い方は、電子マネーWAONかイオンカードで買い物をするようにするといいです。
そうすれば、今回「WAON POINTカード」提示で得られなくなった特典も、引き続き利用できますので。

【おすすめ記事】

 

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→

 

 

イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→

 

 

イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→