イオンカード(WAON一体型)は招待制ゴールドカードがあります

クレジットカード会社の多くは、一般カードの上のステータスカードとして、ゴールドカードやプラチナカードを発行しています。

ゴールドカードやプラチナカードは、付帯サービスが充実していることもあり、カード年会費が1万円以上するのが普通です。
また、申し込みにあたっては、収入や資産がある程度多いことが条件となります。

イオンゴールドカードの画像

しかし、イオンゴールドカードは、ゴールドカードでありながら年会費無料
そして、イオンゴールドカードを持つには、自分でゴールドカードに申し込むことはできず、イオンカード側からの招待状(インビテーション)が必要なのです。
招待状と聞くと、イオンカードでのすごい利用実績がなければいけないのではないかと思いがちですが、実際には、その招待状を得るには、それほどハードルが高いわけでもないのです。

イオンカードからイオンゴールドカードの招待状が届く条件として、公表されている条件は「直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。」となっています。

ネット上には、イオンゴールトカードの招待状を得るためにどのような条件を満たせばいいか、情報として流れていますが、それはあくまで不確かなものですので、イオンカードを作ったら、まずは、年間100万円以上の利用を目指してコツコツ使ってカード利用実績を積み上げていくのが一番です。

普段の食料品などの買い物をイオンやマックスバリュなどのイオングループ店舗で買い物をして、支払いはイオンカードで支払う、
電気料金や携帯料金など月々の支払いをイオンカードからの引き落としにする、
そうすることで、イオングループでの買い物が多く、イオンカード自体の利用金額も年間100万円を超えていけば、イオングループにとってあなたは優良顧客となり、ゴールドカードの招待状発行ということになると思います。

どのような企業においても、自社に利益をもたらしてくれる人は優良顧客です。
そして、優良顧客にはよりサービスを充実させるものです。

イオングループ店舗での買い物をコツコツ続けて支払はイオンカードで支払い、
電気や携帯の利用料金をイオンカードでの引き落としにして月々のイオンカード利用実績もコツコツと積み上げていく、
そうしていけば、いずれ、イオンゴールドカードの招待状が届くことでしょう。

イオンゴールドカードがあるイオンカードは限られている

ゴールドカードへの招待状(インビテーション)が届くイオンカードは限られています。
以下の4枚です。

イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(ディズニー・デザイン)
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)

イオンカート(WAON一体型)をお持ちの方には、 イオンゴールドカード(WAON一体型)が発行され、
イオンカード(ディズニー・デザイン)をお持ちの方には、イオンゴールドカード(ディズニー・デザイン)が発行されます。

ですので、ディズニーデザインのイオンゴールドカードが欲しいと思っている方は、イオンカードの申し込み時にイオンカード(ディズニーデザイン)をお選びになっておく必要があります。

ちなみに、ディズニーデザインのイオンカードの場合、お選び頂ける国際カードブランドは「JCB」に限られます

それと、もう一つ、イオンゴールドカード発行にあたっての注意事項として、「VISA」ブランドのイオンカードからイオンゴールドカードになる場合カード番号が変わります
「JCB」と「Mastercard」ブランドは、イオンカードの番号をそのままイオンゴールドカードに引き継がれます。

カード番号が変わると、いろいろな支払いなどにクレジットカードを登録していると、全て登録しているカード番号を変える手続きが発生しますので、いずれはイオンゴールドカードの招待を受けたいと思う方は、「JCB」か「Mastercard」ブランドでイオンカードを作るといいです。

イオンゴールドカードの付帯サービスや特典

イオンカードの特典に加えて、以下の特典や付帯サービスがあります。

海外旅行傷害保険(最高3000万円)
国内旅行傷害保険(最高3000万円)
ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
イオンラウンジサービス
羽田空港エアポートラウンジサービス

各々その内容をご紹介いたします。

海外旅行傷害保険(最高3000万円)

海外旅行のイメージ画像

保険金が最高3000万円の海外旅行傷害保険が自動で付帯されます。
自動付帯とは、海外旅行へ出かける際に、手続きや届け出をしなくても、自動的に保険の対象となるということです。
イオンゴールドカードは、年会費無料です。年会費無料のクレジットカードで、この高い補償内容の保険が自動付帯されることは稀です。

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中にケガや病気で医療機関に治療や入院をされた際に、保険金が支払われます。
一回の旅行で最長30日まで補償されます。

補償内容・支払限度額は以下となっています。

●傷害による死亡・後遺障害 - 3000万円
●傷害による治療費用 - 200万円
●疾病による治療費用 - 100万円
●賠償責任 - 3000万円
●携行品損害 - 30万円※
●救援者費用 - 100万円
※携行品損害は、1事故につき免責金額3,000円

国内旅行傷害保険(最高3000万円)

国内旅行のイメージ画像

保険金が最高3000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯で付いています。
自動付帯ではなく利用付帯です。
イオンゴールドカードで、その旅行や宿泊施設の代金をお支払いいただくことで保険対象となります。
年会費無料のクレジットカードで、国内旅行傷害保険が付くのも稀です。

国内旅行中にケガを被った場合に保険金が支払われます。

補償内容・支払限度額は以下となっています。

●傷害による死亡・後遺障害 - 3000万円
●傷害による入院(最高180日分) - 日額5000円
●傷害による通院(最高90日分) - 日額3000円

ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
ショッピングのイメージ画像
イオンゴールドカードで購入された商品(1品5,000円〜300万円)が偶然の事故(火災事故、破損事故、盗難事故など)により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償してくれる保険です。

※宝石貴金属や自動車・自動二輪・自転車など補償の対象とならない商品もあります。
※紛失は対象となりません。
※商品購入などの控えがないと補償を受けられない場合もありますので、レシートなどは保管しておきましょう。

全国のイオンラウンジが利用できます

イオンラウンジの画像

全国のイオンモールなどイオングループ店舗に設けられているイオンラウンジを無料で利用できます。
イオンラウンジを利用できる方は、イオンゴールトカード保有者や、イオンの株主が保有できるイオンオーナーズカードなどを保有している方々です。

イオンゴールドカード保有されている方は、同伴の方も3名までご利用できます。

イオンラウンジでは、ドリンクサービス、トップバリュのお菓子の提供、新聞・雑誌閲覧サービス、ホームページ閲覧サービスなどがあります。

広いイオンモールで買い物にちょっと疲れた時に休憩したり、家族の方が買い物をしている間イオンラウンジで休憩しながら待つ、などお使いできます。

※全てのイオンモールなどイオングループ店舗に設けられている訳ではありません。

羽田空港エアポートラウンジサービスが利用できます

羽田空港ラウンジの画像

イオンゴールドカード会員の方は、羽田空港のラウンジサービスも無料でご利用いただけます。
利用の際には、イオンゴールドカードと、当日の搭乗券(または航空券)を提示します。
同伴者の方がいる場合は、同伴者の方は有料となります。

フリードリンク、TV、新聞・雑誌閲覧、喫煙室、インターネット端末利用(有料)、マッサージチェア(有料)、コピー・FAX(有料)、無線LAN(有料)などを使うことができます。

羽田空港第一旅客ターミナル内
エアポートラウンジ[中央]
ビジネスコーナー2室
シャワールーム1室
座席数28席(禁煙19席、喫煙9席)

エアポートラウンジ[北]
座席数135席(禁煙84席、喫煙51席)

エアポートラウンジ[南]
座席数149席(禁煙90席、喫煙59席)

羽田空港第二旅客ターミナル内
エアポートラウンジ[南]
座席数84席(禁煙75席、喫煙9席)

エアポートラウンジ[北]
パソコンブース2室
シャワールーム2室
座席数70席(禁煙55席、喫煙15席)

エアポートラウンジ[北ピア]
座席数66席
(禁煙47席、喫煙12席、バーカウンター7席)
ビジネスコーナー1室

家族カードもゴールドカードになります

クレジットカードには、本会員の家族に子カードとして発行できる家族カードがあります。
イオンカードも家族カードを発行していますし、イオンゴールドカードにも家族カードがあります。
そして、イオンゴールドカードは、家族カードもゴールドカードとなるのです。

もちろん、家族カードの年会費も無料です。

イオンゴールドカードは、一度、ゴールドカードになれば、カード更新時期が来て更新されてもずうっとゴールドカードとなりますので、家族カードもずうっとゴールドカードということになります。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫