イオンカード(WAON一体型)は主婦・学生・パート・アルバイもOK

イオンカード(WAON一体型)をはじめとするイオンカードへのクレジットカード申し込み時の入会審査基準としては、

・18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。
・未成年の方は親権者の同意が必要です。
となっています。

見ての通り、厳しい審査基準とはなっていません。

イオンカードは、イオングループのスーパーなどで買い物をする方をメインターゲットとしています。つまり、主婦の方はメインターゲットなんです。例えば、シングルマザーの方の中には、パートやアルバイトで生活費を稼いでいて、それほど高い収入を得ていない主婦の方も多いですよね。そういう方にも、審査によりなるべくクレジットカードを発行するようにしているようです。

ただし、収入が少ないと、発行されても、利用限度額が低く設定されるということはあります。
でも、発行時に利用限度額が低くても、クレジットカードを使って利用実績が積みあがっていくと、信用度が高くなっていくので段々利用限度額が引き上げられていく場合も多々あります。


【専業主婦でも申し込めるの?】
専業主婦の方は、無収入の場合がほとんどだと思いますが、専業主婦の方は審査対象が本人ではなく配偶者(夫)となり、配偶者の方の年収等が審査されるということになります。ですから、専業主婦の方でも、もちろん申し込めますが、配偶者(夫)の方に一定の継続的な収入があることが条件となります。


【学生でも申し込めるの?】
18歳以上で高校生でなければ申し込めます。大学生、大学院生、短大生、専門学校生など、18歳以上であれば申し込めます。ただし、未成年の方は親など親権者の方の同意が必要となります。
学生の方は、基本的に収入がないということで、親権者の方が審査対象となり、親権者の方の収入などが審査されます。
ただ、ご自身が、一定期間以上(6ヶ月とか)アルバイトなどで継続的な収入を得ているのなら、そのことを申し込み時の収入の欄に記入するとよいです。


【契約社員・派遣社員でも申し込めるの?】
一定期間以上、契約社員・派遣社員として継続的な収入を得ていれば大丈夫のようです。一定期間以上とは、おおむね6ケ月以上のようです。ただ、イオンカードに限らず、クレジットカードの入会審査は収入だけを見ている訳ではないですので、契約社員・派遣社員の方に限らず、6ケ月以上継続的な収入があっても審査に通らない場合もありますし、逆に、働き始めてから6ヶ月以下でも審査に通る場合もあります。


【自営業でも申し込めるの?】
自営業の方も、もちろん申し込めます。自営業の方は前年度の収入がある程度あれば(それほど高い収入でなくても)大丈夫だと言われています。自営業をはじめた直後の場合は、自営業をしてからの実績がないということから、ちょっと難しいかもしれません。ただ、審査は収入だけを見ている訳ではないですので、持ち家だとか資産があるとかすれば、審査に通る可能性はあります。

クレジットカードの入会審査で主にチェックされるもの

年齢、収入、職種、勤務先、勤続年数、居住形態、居住年数など。
そして、現在の借入(ローン等)、過去のローンやクレジットカードの滞納などはなかったかなど信用情報機関に照会してチェックします。

なぜ、このようなことを調べるかというと、この人は、クレジットカードの利用代金をちゃんと返済する能力がある人なのかどうかを、知るためです。
ですが、多額のローンを抱えているとか、過去に滞納や延滞をしていたことがある、という人でなければ、それほど高い基準を求められるわけではないですから大丈夫です。

審査を通りやすくするための一口メモ

キャッシング枠
クレジットカードを申し込む時に、キャッシング枠をつけるかどうかの選択ができます。収入が少なめの方や、住宅ローンや自動車ローンなどの残高が年収と比較して多めな方は、キャッシング枠をつけないようにするといいです。つけるとしても少なめな金額にとどめておくといいです。
短期間に何社にも申し込まない
半年とか1年の間に、3社とか4社のカード会社にクレジットカードの申込みをしていると、一社目や二社目までは審査に通っても、三社目には審査に落ちるという例は少なくありません。
収入が高めの方でも、東証一部上場会社に勤めているといった方でも、短期間に何社にも申し込むと審査に落ちる例は多々あります。信用情報機関には、クレジットカードの申し込み履歴もしっかりと記録されるので、どのクレジットカード会社も申し込み履歴がわかるようになっているんです。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫