イオンカード(WAON一体型)のWAONチャージとオートチャージ

イオンカード(WAON一体型)はWAON機能が搭載されているからと言って、何も手続きをしなくても自動的にチャージ(入金)されるという訳ではありませんのでご注意ください。

まず、WAONへチャージする方法としては、
●レジやWAONチャージャーで現金でチャージ、
●イオンカード(WAON一体型)からのクレジットチャージ、
●イオン銀行口座からのチャージ、
●イオンカード(WAON一体型)からのオートチャージ(自動入金)
があります。

現金でチャージ
「WAONチャージャー」は、イオン等の店舗内に置かれています。
隣接されていることが多い「WAONステーション」とは違いますのでご注意を。

レジでチャージする場合は、イオンやマックスパリューなどイオングループ店舗のレジ、コンビニのミニストップとファミリーマートのレジでできます。

レジでもWAONチャージャーでも、チャージは千円単位です。1回のヂャージできる限度額は2万円です。WAONへのチャージ総額の上限も2万円です。
ですが、手続きをすれば、1回のチャージ限度額が2万9千円、チャージ総額が5万円まで増やすことができます。

手続きは、イオン等の店舗内に設置されている「WAONステーション」で簡単に行うことができます。上限が2万円じゃ足りないなという方は増やす手続きをするといいです。

クレジットチャージ
イオンカード(WAON一体型)のWAONへ、イオンカード(WAON一体型)のクレジットカードからチャージしたい場合は、「WAONチャージャー」「WAONステーション」「イオン銀行ATM」でチャージします。

チャージは千円単位で、1回のヂャージできる限度額は2万円または2万9千円です。
イオンカード(WAON一体型)の暗証番号(クレジットカードの暗証番号です)の入力を求められるので、暗証番号はお忘れなく。
WAONにチャージした代金は、他のクレジット利用代金と一緒に、後日引き落とされます。

WAONへチャージした分に関しては、「ときめきポイン」も「WAONポイント」も付きません

ですが、イオンカードの中でただ一枚『イオンカードセレクト』だけは、WAONへのオートチャージ分にもポイントが付くんです。

実は、『イオンカードセレクト』が、数あるイオンカードの券種の中で一番お得なんです。

詳しくは、こちらの『イオンカードセレクト』のページでご紹介していますが、『イオンカードセレクト』はイオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、そしてWAONが一体となったカードなので、イオン銀行の口座開設が条件になります。

イオン銀行の口座開設をいとわないという方は、『イオンカード(WAON一体型)のWAON』ではなく、『イオンカードセレクト』が断然おすすめです!

オートチャージ(自動入金)
イオンカード(WAON一体型)のWAONへ、イオンカード(WAON一体型)のクレジットカードからオートチャージ(自動入金)したい場合は、「WAONステーション」で設定すればOKです。

設定の例としては、例えば、WAONの残高が3千円以下になったら、1万円をオートチャージする、というふうに設定します。そうすると、WAONの残高が3千円を切ると自動的に1万円がチャージされるので、いちいちチャージする手間がなくなるので便利なんです。
設定時にイオンカード(WAON一体型)の暗証番号の入力を求められるので、暗証番号はお忘れなく。
WAONにオートチャージされた代金は、他のクレジット利用代金と一緒に、後日引き落とされます。

WAONへオートチャージした分に関しては、「ときめきポイン」が付きません。
『イオンカードセレクト』でしたら、WAONへのオートチャージ分にもポイントが付きます。

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫

●『イオンカードセレクト』の申し込みはこちら ≫