イオングループ以外でもWAONポイントが貯まるようになります

イオンが「WAON(ワオン)ポイント」を他社にも開放するというニュースが2016年4月9日(土)にありました。

つまり、WAONポイントを共通ポイントにしていくということです。

共通ポイントとは、Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイントのように、加盟店での利用時にカードを提示することで、ポイントが貯まるポイントのことです。

WAONポイントの共通ポイント化にともない「WAONポイントカード」の発行を予定しているようです。

「WAONポイントカード」は、電子マネー機能が付いていないカードで、原則200円の買い物につきWAONポイントが1ポイント貯まるようにするとのこと。
現金支払いで、「WAONポイントカード」提示でもポイントが貯まるようです。

また、イオングループは、幅広いサービスを展開していて、60種類ほどのポイントカードを発行しているそうですが、それらも、全て、「WAONポイント」へ一本化していくとのことです。

それと、TポイントやPontaポイントは、「1業種1社」といった加盟店の制限を設けて展開していますが、WAONポイントはそれにもこだわらないで広く参加を呼び掛けるそうです。

ということは、例えば、コンビニでしたら、イオングループのミニストップの他に、現在、WAON決済できる、ローソンやファミマでもWAONポイントが貯まるようになるかもしれませんね。

ローソンは既に、Pontaポイントかdポイントの、どちらか貯めたい方のポイントを貯められるようになっていますし、今後、共通ポイントの「1業種1社」というかたちがくずれていくのかもしれませんね。

「WAONポイント」について、新たなニュースがありましたら、また、ご報告させて頂きます。
【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→