イオンカード「iD」利用でのキャッシュレスでポイント還元について

消費税増税後のイオンiD支払いでポイント還元イメージ画像

2019年10月1日から消費税増税とともに、
キャッシュレス決済をすると2%または5%が還元されています。

還元期間は2019年10月1日〜2020年6月末までの9ヶ月間です。

イオンカード会員の方は、キャッシュレスと言えば、
イオンカードでのクレジット決済か
電子マネー「WAON」のどちらかでだと思いますが、
もし、ドコモのユーザーの方でしたら「iD」を利用することもできるのです。

イオンカード会員の方は「イオンiD」を使えるのです。
ドコモユーザーの方でなくても、
アップルペイグーグルペイ
で、
イオンカード登録で「iD」利用できます。

「iD」でのお支払いも、もちろんキャッシュレス支払いですので、
2%または5%が還元されています。

全国チェーンのコンビニやガソリンスタンドでは2%還元
中小の小売店などでは5%還元
さらに、「イオンiD」利用分にも
イオンカードのときめきポイント200円で1ポイント貯まるので、
プラス0.5%還元となるのです。

つまり、
コンビニ・GSで→2%+0.5%=2.5%
中小の小売店で→5%+0.5%=5.5%
の還元になるのです。


「iD」は、「WAON」より使えるお店が断然多いですし、
イオンと競合関係にあるセブンアンドアイのセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでも「iD」なら気兼ねなく使えて、ポイントも獲得できるという点もうれしいです。


ちなみに、「iD」が使えるお店としては、
コンビニがセブンイレブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ、スリーエイト、スリーエフなどとなっていて、ほぼ、全てのコンビニチェーンで使えます。
どのチェーンも、2%還元を、即時で値引き還元です。

ガソリンスタンドは、エネオスとエッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで使えます。
2%還元を後日ポイントでの還元です。

では、「イオンiD」のはじめ方をご案内します。


イオンiDのはじめ方は


イオンカードをまだお持ちでない方は、ネットでのイオンカードをお申し込みの際に、「イオンiD」利用の項目でチェックを入れればOKです。

既にイオンカード会員の方は、ネットの会員ページより「イオンiD」の申し込みをします。

「iD」アプリをダウンロードして、設定をすれば利用できます。

いずれにしましても、「イオンiD」の申し込みをすると、イオンカードからの案内がありますので、その案内に従って、手続きを行ってください。

アップルペイグーグルペイでもイオンカード登録で「iD」が使える

アップルペイはイオンカードを登録すると、自動的に「iD」割り当てとなりますので、イオンカード登録でアップペイを使う方は、「iD」での利用となります。
もちろん、キャッシュレス支払いの還元対象ですし、イオンカード利用の0.5%分も付きます。

グーグルペイはイオンカードを登録すると、「WAON」と「iD」が使えます。
もちろん、「WAON」も「iD」も、キャッシュレス支払いの還元対象ですし、「WAON」はWAONポイントが0.5%分、「iD」はイオンカード利用の0.5%分も付きます。


アップルペイとグーグルペイの場合は、「イオンiD」とは別物ですので、
ドコモユーザーでなくても「iD」を使えるのがうれしいところです。

また、「イオンiD」のように、ネット会員ページから申し込みをしなくてもいいので、手っ取り早くていいです。

アップルペイもグーグルペイも
アプリで設定を行い、設定終了後、「iD」を使えます。

「iD」の使い方


「iD」の使い方はいたって簡単で、
レジにてお支払いの際に、「iD(アイディー)で」とひとこと言って、
読み取り端末へスマホをタッチするだけでOKです。

○○ペイのコード決済のように、アプリを立ち上げる必要はありません。
アプリを立ち上げる面倒がないので、シンプルで楽なのがいいです。


「iD」はチャージいらず


「iD」は後払い電子マネーですので、WAONのように事前にチャージ(入金)の必要がないのも、便利でいいところです。

「iD」での利用金額は、1ヶ月ごとにまとめて、イオンカードの利用代金として引き落とされます。

【おすすめ記事】

 

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→

 

 

イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→

 

 

イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→