WAONのキャッシュレスでポイント還元について

消費税増税後のWAON支払いでポイント還元イメージ画像

2019年10月1日に消費税が増税されて8%から10%になりました。

その消費税増税に伴い、政府の消費落ち込み対策として、
2020年6月末日までの9ヶ月間は
キャッシュレス支払いの場合に限り、
中小のお店では5%還元
全国チェーンのコンビニやガソリンスタンドでは2%還元
を還元する施策をしています。

もちろん、キャッシュレスにはWAONも含まれています。

ですので、WAONでお支払いの場合も、
5%または2%のポイントが還元されます。

当たり前のことですが、
モバイルWAONでも、カード型WAONでも、イオンカードなどクレジットカード搭載のWAONでも、いずれのWAONでもOKです。

WAONが使えるコンビニは

コンビニでWAONで支払ってポイント2%還元のイメージ画像

ミニストップ、ファミマ、ローソン、ナチュラルローソン、ローソン100、ポプラ、スリーエイト、セイコーマートです。

ミニストップはイオン系列のコンビニなのでWAONが使えて不思議はないですが、
ファミマやローソンでも使えるのです。
余談ですが、私は仕事途中の道すがらファミマでアイスコーヒーを飲みながら一服休憩することがあるのですが、その時には、WAONで支払っています。

北海道地方の方は、セイコーマートでも使えるのですね。

どのコンビニでもWAON支払いの方法は同じです。
店員さんへ「WAONで」と言って、読み取り端末にWAONを置けばOKです。

WAONで支払うと、通常の200円で1ポイント(1円相当)にプラスで
キャッシュレスでの還元である2%分のポイントも付きます。

通常の200円で1ポイント(1円相当)は0.5%還元ですので、
0.5%還元+2.0%還元=合計2.5%還元でポイントが貯まるということになります。

つまり、200円で5円分のポイントが貯まるのです。
これはお得ですし、家計の節約にもなりますよね。


WAONが使えるガソリンスタンドは

コンビニでWAONで支払ってポイント2%還元のイメージ画像

WAONが使えるガソリンスタンドは「コスモ石油」です。
コスモ石油以外のガソリンスタンドは、残念ながら、WAONでの支払いはできません。
(※イオンカードではどのGSでも支払いできます)

コスモ石油でWAON支払いした場合もコンビニでの支払いと同じで、
通常の200円で1ポイント(1円相当)にプラスで
キャッシュレスでの還元である2%分のポイントも付きます。

0.5%還元+2.0%還元=合計2.5%還元でポイントが貯まるということになります。

つまり、200円で5円分のポイントが貯まります

ただ、全国的に見ると、WAONが使えないコスモ石油SSもあります。

比較的大型のコスモ石油SSではWAON支払いの取り扱いをしているようですが、
私の自宅に近いコスモ石油SSは家族経営の小さめのSSでWAON決済の取り扱いはしていませんでした。

コスモ石油SSではWAONが使えなくても、クレジットカードなら使えるお店もあります。
クレジットカードでの支払いでも2%還元です。

また、コスモ石油SSの中には、
iD(アイディ)やQUICPay(クイックペイ)を使えるお店もあります。
iDやQUICPayでの支払いでも2%還元です。

ちなみに、コスモ石油にて、イオンカードでお支払いの場合、
コスモ石油はイオンカードの「ときめきポイントクラブ加盟店」なので
2倍のポイントが貯まります。

ということは、
通常の200円で1ポイント(1円相当)×2倍で200円で2ポイント(2円相当)貯まります。
還元率でいうと1.0%還元です。

プラスでキャッシュレスでの還元である2%分のポイントも付きます。

1.0%還元+2.0%還元=合計3.0%還元でポイントが貯まるということになります。

つまり、200円で6円分のポイントが貯まるのです。

これはWAON支払いで貯まる
200円で5円分のポイントが貯まるより、
もっとお得ですし、家計の節約になります。

イオンカードをお持ちなら、WAONではなく
イオンカードで支払った方がお得ということになります。

イオンカード発行のクレジットカードなら
イオンSuicaカードとか、イオン首都高カードとか、
ベネッセイオンカードとかマルエツカードとかでもOKです。

ただし、イオンカード発行でも、
コスモ・ザ・カード・オーパスやコスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」は
コスモ石油で会員価格で給油できるのなどのお得な特典があるのでポイント2倍ではありません。

【おすすめ記事】

 

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→

 

 

イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→

 

 

イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→