イオンカードの即日発行(即時発行カード)は仮カードです

イオンカード「即時発行カード」の画像

イオンカードは“カード店頭受取りサービス”という名称で、即日発行を行っています。

ネットからイオンカードを申し込み後、お近くのイオン店舗にある「イオン銀行カウンター」もしくは「イオンクレジットサービスカウンター」で受け取ることができます。

即日発行されるカードは“即時発行カード”といって、
「JCB」「VISA」「MasterCard」の国際ブランドは付いない“仮カード”ですが、
イオングループおよびイオンマークのある加盟店でご利用いただけます。

だから、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどイオングループでその日から使えるのです。

“仮カードであっても、
  • 当日のお買い物からクレジット決済できる!
  • 当日からお得な特典も利用できポイントも貯まる!

つまり、
ときめきポイントも貯まりますし、
「お客さま感謝デー」5%割引きなどの特典も受けられるのです。

ただし、
“即時発行カード(仮カード)”には、国際ブランドが付いていないので
イオングループおよびイオンマークのある加盟店以外では、残念ながら使えません。

街のコンビニや家電量販店とか、街のレストランでのお支払いには使えませんし、
アマゾンや楽天市場などのネットショッピングでのクレジット決済にも使えません。

イオンカードの即時発行カードは国際ブランドが付いていないイメージ画像


そして、本カードである国際ブランドが付いた正式なイオンカードは、後日、ご自宅へ届きます。(1週間〜2週間後に届きます)
届いた正式なイオンカードは、クレジットカードが使えるお店なら、国内、海外、ネットなどで使うことができます。


以上でご説明したように、“即時発行カード”は、
いわば、正式なイオンカードが届くまでの仮カードという位置づけになります。
そして、仮カードであっても、イオングループ店舗やイオンマークのある加盟店ではクレジット決済できるカードであるということになります。



それと“即時発行カード(仮カード)”には、
イオンの電子マネー「WAON」機能も付いていません

イオンカードの即時発行カードはWAONが付いていないイメージ画像

イオンカードの“即時発行カード”は、「イオンカード(WAON一体型)」または「イオンカードセレクト」にてお申し込み可能なのですが、こちらの2枚のクレジットカードには標準で「WAON」が搭載されています。
しかし、“即時発行カード”には、WAON機能は付きません。
“本カード”が届く前にWAONを使いたいという方はは、モバイルWAONで利用するのが良いと思います。
モバイルWAONはスマホでアプリをダウンロードしてすぐに使えますし、本カードが届くまでは現金チャージで使い、本カードが届いたらクレジットチャージに切り替えてもいいですし。
あるいは本カードのWAONを使ってもいいですし。
イオン店舗に置いてあるWAONカードでWAONを使い始めてもいいのですが、WAONカードは発行手数料300円がかかるのでもったいないです。
したがって、モバイルWAONではじめるのが良いかと思います。


それと、もう一つ、“即時発行カード(仮カード)”は、
キャッシングはできません
キャッシング枠が設定された本カードが届いたらキャッシングができます。

イオンカードのキャッシングについて→

イオンカードの即時発行カードはキャッシングができないイメージ画像

 


さらに、もう一つ、“即時発行カード(仮カード)”は、
アップルペイ(Apple Pay)へ登録することはできません
アップルペイへイオンカードを登録して使いたいと思っている方は、国際ブランドが付いた本カードが届いたら登録してください。
ちなみに、イオンカードをアップルペイへ登録すると「iD」でのお支払いとなります。

イオンカードをアップルペイへ登録して使う→

イオンカードの即時発行カードはアップルペイへ登録できないイメージ画像


“即時発行カード”できるイオンカードは2種類だけ

“即時発行カード”を発行できるのは、数あるイオンカードが発行する券種の中でも、『イオンカード(WAON一体型)』『イオンカードセレクト』の2枚だけとなっています。他のイオンカードは対応していません。

『イオンカード(WAON一体型)』も、『イオンカードセレクト』も、通常デザインカードの他に「ミッキーマウス デザイン」「トイ・ストーリー デザイン」もあり、申し込み時にお選びいただけます。

「ミッキーマウス デザイン」
「トイ・ストーリー デザイン」
をお選びになっても、“即時発行カード”の発行ができます。
この場合も、“即時発行カード”のデザインは通常デザインとなりますが。

「ミッキーマウス デザイン」のイオンカードについて→

さらに、『イオンカード(WAON一体型)』も、『イオンカードセレクト』も、「ミニオンズ・デザイン」「TGCデザイン」をお選び頂いても、“即時発行カード”の発行ができるようになりました。

かわいいデザインのイオンカードが欲しい、ちょっとオシャレなデザインのイオンカードが欲しいという方は、こちらのカードを検討されてみてもよいのではないでしょうか。

イオンカードのミニオンズデザインとTGCデザインの画像

「ミニオンズ・デザイン」のイオンカードについて→

こちらの
イオンカード公式ページ内
「イオンカード店頭受取りサービス」案内ページ→

で各デザインのカードをご覧いただけます。


【イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違い】

イオンカード(WAON一体型)

イオンカードセレクト

クレジットカード機能

電子マネーWAON機能

クレジットカード機能

電子マネーWAON機能

イオン銀行キャッシュカード機能

WAONチャージでポイントが付かない

WAONチャージでポイントが付く

イオンカード(WAON一体型)画像 

イオンカードセレクト画像 

イオンカードのスタンダードカード。

イオンカードと言えば「イオンカード(一体型)」。

イオン銀行のキャッシュカードにクレジット機能とWAON機能が付いているカード。

申し込み時に、イオン銀行口座の開設も行う。

WAONチャージにポイントが付く唯一のカード。

「イオンカード(WAON一体型)」公式ページはこちら→
「イオンカードセレクト」公式ページはこちら→

イオンカードを作ったら電子マネーWAONも積極的に使うという方は、『イオンカードセレクト』にするといいです。

『イオンカードセレクト』会員の方は、WAONへオートチャージ(自動入金)にすると「200円ごとに1ポイント」のWAONポイントが貯まります。
もちろん、WAONで買い物をした時にも、「200円ごとに1ポイント」のWAONポイントが貯まります。
2019年7月1日より、イオングループ店舗では、いつでも、WAONお支払いでもポイント2倍、つまり「200円ごとに2ポイント」付与になりました。
イオングループ店舗以外では、これまでどおり、「200円ごとに1ポイント」です。
詳しくは、こちらの「WAONのポイント還元率が1%になります」→

WAONオートチャージ分もポイント付与対象になっているのは『イオンカードセレクト』会員だけです。他のイオンカード会員の場合は、WAONチャージ分にはポイントが付きません。

ちなみに、『イオンカード(WAON一体型)』も『イオンカードセレクト』も、一枚のカードにクレジット機能もWAON機能も付いていますが、WAONを使うにはチャージ(入金)しなければ使えません。

WAONへのチャージは、クレジットカードからのチャージの他にも、イオングループ店舗レジ、WAONチャージ機、イオン銀行ATMでの現金チャージもできます。

それと、『イオンカードセレクト』にお申し込みをすると、必然的にイオン銀行口座開設をすることになり、発行される『イオンカードセレクト』には、キャッシュカード機能も搭載されるのですが、“即時発行カード(仮カード)”には、キャッシュカード機能がつきません

イオンカードの“即時発行カード”の作り方

イオンカードの即日発行サービスで“即時発行”を申し込んでから店頭で受け取るまでを解説したいと思います。

“即時発行カード”を希望する場合も、通常の申し込み方と同じです。

ネットから申し込み後、入会審査通過のメールが届いたら、お近くのイオン店舗にある「イオン銀行カウンター」もしくは「イオンクレジットサービスカウンター」へ受け取りに行きます。

店頭でカードを受け取れる時間は、10時〜18時ですので、申し込み当日(即日)に受け取りたい場合は、17時までにお申込みを完了している必要があります。


ステップ1

「イオンカード(WAON一体型)」公式ページ、または、「イオンカードセレクト」公式ページへアクセスします。

あるいは、イオンカード公式ページ内
「イオンカード店頭受取りサービス」案内ページ→

へアクセスします。

ネットにつながっていれば、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも、365日24時間申し込み可能です。

申し込みにあたって、運転免許証引き落とし口座キャッシュカードか通帳を、お手元に用意して頂くと手続きがスムーズに進みます。

免許証と銀行通帳・キャッシュカードの画像

『イオンカード(WAON一体型)』の場合は、運転免許証をお持ちでなくても大丈夫です。

『イオンカードセレクト』をお申し込みの場合は、運転免許証をお持ちの方のみお申し込み可能です。
『イオンカードセレクト』をお申し込みの場合は、申し込み時に、イオン銀行口座開設手続きもしますので、引き落とし口座キャッシュカードか通帳は用意いただかなくてもOKです。

『イオンカード(WAON一体型)』も『イオンカードセレクト』も、通常デザインカード、ディズニーデザインカード、ミニオンズ、TGCデザインカードのいずれかを選んで作ることができます。

申し込みたいカードを選んで、申し込みボタンを押します。


ステップ2

申し込み画面に表示される入力項目へ一つ一つ入力していきます。
くれぐれも、誤字脱字にご注意ください。特に、住所・氏名などに間違いがあると、その時点で審査が止まって落ちてしまうこともありますので。

申し込み画面の入力を進んでいくと、“即時発行カード”に関する項目が出てきます。

以下が“即時発行カード”項目の画像です。

イオンカードの即時発行項目1
↑「店舗で受け取ります」を選択します。

イオンカードの即時発行項目2
↑業態または都道府県を選ぶと、“即時発行カード”受け取り可能な店舗名が出てきますので選びます。
※お近くにイオングループ店舗があっても、「イオン銀行カウンター」もしくは「イオンクレジットサービスカウンター」がないお店は表示されません。その場合は、残念ながら“即時発行カード”はあきらめるほかありません。

全ての入力が終わりましたら、入会審査の結果を待ちます。


ステップ3

通常30分程度でカードお申込み審査結果メールが届きます。
場合によっては30分以上かかる場合もありますし、審査落ちとなる場合もあります。

審査が通った方には、審査結果メールに、“即時発行カード”の受け取り方法が記載されていますので、案内に従って店舗へ受け取りに行きます。

“即時発行カード”受け取りには、運転免許証などの本人確認書類の提示が必要ですのでお忘れなく。
本人確認書類としては、運転免許証または平成24年4月1日以降に発行された運転経歴証明書、写真付住民基本台帳カード、日本国発行パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)となっています。


ステップ4

申込み時に選択した店舗店頭で、10:00〜18:00の間に“即時発行カード”を受け取ります。
必ずしも、申し込み当日でなくても構いません。
“即時発行カード”の受け取り期限は申し込みから1週間ですので、その間ならいつでもOKです。

※“即時発行カード”は、受け取り期限を過ぎると受け取ることができません。この場合、自動的にご自宅へ国際ブランド付カードのお届けとなります。

※国際ブランド付カードの発行は、“即時発行カード”の受け取り後、または、受け取り期限の経過後となっているので、“即時発行カード”は早めに受け取ることをおすすめします。

“即時発行カード”を受け取ったら、すぐに、イオングループおよびイオンマークのある加盟店で、クレジット決済でお買い物ができます。
もちろん、ポイントも貯まりますし、「お客さま感謝デー」5%割引きなどの特典も受けられます。

イオンカード公式ページ内
「イオンカード店頭受取りサービス」案内ページ→


「イオンカード(WAON一体型)」公式ページはこちら→

「イオンカードセレクト」公式ページはこちら→

最後にイオンカード即日発行についてまとめ

イオンカードの即日発行(即時発行カード)は仮カードとして発行されます。

仮カードですので、JCB・VISA・Mastercardの国際ブランドは付いていません。
(お申し込み時の国際ブランドの選び方について→)

したがいまして、イオングループ店舗やイオンマークのある加盟店での利用に限られます。

利用が限られるとはいえ、本カードど同様に、ときめきポイントも貯まりますし、「お客さま感謝デー」5%割引きなどの特典は受けられます。

本カードは、1週間〜2週間程度で、ご自宅へお届けされます。

イオンカードの即日発行(即時発行カード)のお申し込みは、ネットから行い、審査結果のメールが届いたら、お申し込み時に指定したイオン店舗で受け取ります。

ネットからのお申し込みに対しては、随時、新規入会特典として、ときめきポイントのプレゼントなどを行っています。

イオンカードの即日発行(即時発行カード)をお申し込みできるカードは、『イオンカード(WAON一体型)』と『イオンカードセレクト』の2枚だけに限られています。

『イオンカード(WAON一体型)』は、イオンカードのスタンダードカードです。

『イオンカードセレクト』は、イオン銀行のキャッシュカードとの一体型クレジットカードですので、イオン銀行の口座開設も一緒に行います。

また、『イオンカードセレクト』会員の方は、唯一、WAONチャージ分にも「200円ごとに1ポイント」のときめきポイントが貯まります。

イオンカード公式ページ内
「イオンカード店頭受取りサービス」案内ページ→


「イオンカード(WAON一体型)」公式ページはこちら→

「イオンカードセレクト」公式ページはこちら→
【おすすめ記事】

イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→