外国人の方もイオンカードを作ることができます

イオンカードと外国人のイメージ画像


外国人が日本のクレジットカード会社のクレジットカードを作るのは難しいというイメージがありますが、実は、外国人の方でも作れる日本のクレジットカード会社はあります。

その一つが、イオンカードです。

イオンカードは、仕事や留学などで日本に滞在している日本国籍を持たない外国人の方でも、本人確認書類として「在留カード」または「特別永住者証明書」があれば、日本人と同様に申し込むことができます。

イオンカードの場合、ウェブからのお申し込みの際の本人確認書類の提示は、お申し込み後に「本人確認手続きのご案内をメール」が届くので、その案内にしたがって、「在留カード」または「特別永住者証明書」を写真で撮ってアップロードする方法があります。

または、イオンカードがご自宅へ届いた時に、配達員へ、「在留カード」または「特別永住者証明書」を提示する、という方法もあります。

どちらの方法を選んでもかまいません。
ウェブでの申し込み時に、どちらの方法で本人確認をするかを選ぶことができます。

このように、外国人の方がイオンカードに申し込む場合、日本人と違うのは、本人確認書類だけです。
外国人だからといって、日本人より審査が厳しいということもありません。


ただし、ウェプでの申し込み画面も、店頭や郵送での申込書類も日本語ですので、一人で申し込む自信がない方は、日本人か日本語を十分理解できる人に手伝ってもらうといいのではないかと思います。

店頭で申し込む場合は、イオングループ店舗にあるサービスカウンターで、イオンカード申込書に記入して、申し込むことができます。(申し込みできない店舗もあります)

郵送で申し込む場合は、イオングループ店舗のサービスカウンターなどにあるイオンカード申込書受け取り、記入した後、郵送します。

イオンカードのウェブサイトから申し込む場合は、イオンカードの公式サイトへアクセスして、申し込み画面にて必要事項を入力して申し込みます。スマホからでもお申し込みできます。

下記バナーをクリックまたはタップすると、イオンカードのスタンダードカードである『イオンカード(WAON一体型)』と、イオン銀行キャッシュカード機能付き『イオンカードセレクト』の申し込みページへ飛びます。お好きな方をお選び頂けます。

ネットからのお申し込みの場合、ポイントプレゼント特典がありますのでお得です。
ディズニーデザインのカードを選ぶこともできます。

【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→