イオンカードはアップルペイ登録でiDまたはSuicaでの支払いとなる

イオンカード&アップルペイの画像



iPhone版おサイフケータイ的なサービスとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」が提供開始されましたが、イオンクレジットカードが発行する「イオンカード(WAON一体型)」をはじめとする全てのイオンマークが付いたクレジットカードも「Apple Pay(アップルペイ)」対応クレジットカードとなっていますので、「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録することができます

本会員カードの子カード(追加発行)である家族カードも登録することができます。


「Apple Pay(アップルペイ)」は、リアル店舗での買い物時に「iD(アイディ)」「QUICPay(クイックペイ)」いずれかでの支払いとなります。
また、アップルペイでSuicaを利用される方は、「Suica(スイカ)」でのお支払いを選択することもできます。

ですので、各々の加盟店において利用可能となります。

イオンカードの場合、アップルペイへ登録すると「iD」が割り当てられるので「iD(アイディ)」加盟店での利用が可能となっています。
Suicaを利用されている方は、「Suica(スイカ)」加盟店でも利用可能です。
「QUICPay(クイックペイ)」加盟店では使えません。


基本的な考え方として、お買い物でのお支払い時は、Suicaでしか支払えないお店以外では、わざわざSuicaでのお支払いをすることはなく、「iD」でお支払いをするといいです

なぜなら、「iD(アイディ)」での支払い分は、イオンカード利用で貯まる「ときめきポイント」の付与対象となっていますし、使えるお店も断然多いからです。

一方、「Suica(スイカ)」での支払いの場合、イオンカードの「ときめきポイント」が貯まりません。
Suica利用でポイントが貯まるお店では、JREポイントが貯まりますが、駅ナカのお店とかごく限られているのです。


その辺のポイント関連のことも含めまして、「Apple Pay(アップルペイ)」にイオンカードを登録しての、「iD(アイディ)」、「Suica(スイカ)」利用について解説していきたいと思います。

Apple Pay(アップルペイ) iD(アイディ) イオンカードについて

アップルペイ&iDの画像

上記でも述べましたが、イオンカードをアップルペイへ登録すると、「iD」でのお支払いとなります。

「iD」でお支払いをした代金は、1ヶ月分まとめて、イオンカード利用額として引き落とされます。

「iD(アイディ)」は支払い上限額はありませんので、お持ちのイオンカードの利用可能枠内で自由に使うことができます。
(※ただし、お店によっては「iD」支払いに上限額がある場合もあり)


【iD(アイディ)が使えるお店としては】
  • コンビニチェーン セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート他。
  • スーパー イオン・マックスバリュなどのイオングループ他、イトーヨーカドー、ビブレ、ウェルマートなどのスーパー。
  • 飲食店 ガスト、マクドナルド、牛角、CoCo壱番屋、ジョナサン、すき家、バーミヤン他の飲食店。
  • ドラッグストア ウェルネス、ツルハドラッグ、薬王堂、薬生堂、スーパードラッグMEGA他のドラッグストア。
  • ガソリンスタンド エネオス、エッソ・モービル・ゼネラルのGS。
 その他「iD(アイディ)」が使えるお店はこちらで詳しく→

これらの「iD(アイディ)」加盟店で支払い時に、レジで「iD(アイディ)で」と一言伝えて、iPhoneまたはApple Watchをリーダーにかざします。
iPhone7の場合はTouch IDに指を載せ、AppleWatchSeries2はサイドボタンをダブルクリックとてかざします。


Apple Pay(アップルペイ) iD(アイディ)利用分にもときめきポイントは付く
アップルぺイでもイオンではポイント毎日2倍のメージ画像

「Apple Pay(アップルペイ)」の「iD(アイディ)」で支払った分にも、イオンカードで支払った時と同様に、お買い物金額「200円ごとに1ポイント」の「ときめきポイント」が付きます。

もちろん、イオンなどのイオングループ店舗では、毎日、2倍の「200円ごとに2ポイント」の「ときめきポイント」が付きます。
(イオン、マックスバリュ、ダイエー、ザ・ビック、ピーコックストア、ミニストップ、ウエルシア薬局、まいばすけっと、マルナカ他)

貯まった「ときめきポイント」は、ギフト券や商品券などに交換できますし、電子マネー「WAON」へチャージしても使えますし、「WAON POINT」へ交換してイオンなどの「WAON POINT」加盟店で買い物時に1ポイント=1円分として支払いに充てることもできます。


アップルペイiDで支払ってもお客様感謝デー5%OFFに

アップルぺイでも5%割引デー適用のメージ画像

「iD」が使えるお店として、イオングループ店舗が含まれています。

イオングループ店舗であるイオン、マックスバリュ、ダイエー、ザ・ビックなどでは、毎月20日・30日「お客さま感謝デー」となっていて、お買物代金5%割引になります。

イオンカードをお持ちの方にとって、「お客さま感謝デー」は毎月楽しみにしている日ではないでしょうか。

「お客さま感謝デー」はアップルペイのiDでのお支払いをしても、
ちゃんとお買物代金5%割引の対象となりますし、
イオングループでの毎日ポイント2倍対象なので2倍でポイントが貯まります。

つまり、アップルペイへイオンカードを登録すると、アップルペイiDでお支払いしても、イオンカードでのお支払いと同じく、5%割引やポイント2倍対象となるのです。

【クレカをアップルペイへ登録するメリットの1つとして】
お財布に、クレジットカードを入れて持ち歩くと、お財布がカードで膨らんでしまっていやだな、と思っている方は多いのではないでしょうか。

アップルペイには、最大で8枚までクレジットカードを登録することができます。

お財布がクレジットカードで膨らむ解決策の一つとして、アップルペイへ登録して、クレジットカードは持ち歩かない、という方法があるということになります。

少なくとも、イオンカードは、イオングループでお買い物をして、5%割引やポイント特典を受けるにあたって、アップルペイでもまったく問題ありませんので、お財布から一枚クレジットカードを減らせるのではないでしょうか。

【アップルペイへのクレカ登録枚数について】
・iPhone 8、iPhone X以降の機種 最大12枚
・Apple Watch Series 3以降の機種 最大12枚
・上記以前の機種 最大8枚

家族カードもアップルペイへ登録できます
イオンカードは家族カードを最大3枚まで発行できます。

家族カードとは、本会員の家族を対象に、本会員カードの追加カード(子カード)として発行してもらえるカードです。

家族カードでも、本会員カードとほぼ同じ特典やサービスを利用できます。

そして、イオンカードの家族カードもアップルペイへ登録できます。

例えば、主婦の方で夫のイオンカードで家族カードを発行して使っている方は、その家族カードをアップルペイへ登録して使える、ということです、。

イオンカードの家族カードについて詳しく→


即時カードはアップルペイへ登録できません
イオンカードの代表的なカードである「イオンカード(WAON一体型)」と「イオンカードセレクト」は、申し込んだその日のうちにカード発行できる即日発行に対応しています。

ネットからのお申し込み時に、カード店頭受取りサービスで即時発行カードを希望すると、お近くのイオンなどて受け取ることができます。

即時発行カードは、仮カードという位置づけのカードではあるのですが、ポイント2倍や5%割引の特典は受けられます。

ですが、即時発行カードはアップルペイへの登録はできないのです

1週間〜2週間後に、本カードがご自宅へ届きましたら、アップルペイへ登録できます。

イオンカードの即時発行カードについて→


イオンカードのVISAブランドもOK

アップルペイ登録のクレカ 国際ブランドについてのイメージ画像

「Apple Pay(アップルペイ)」への登録可能クレジットカードとして、「VISA」ブランドは利用において一部制限されていますが、「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録してリアル店舗の「iD(アイディ)」加盟店で利用するにあたっては、「JCB」「Mastercard」ブランドと同様に使うことができますので、問題ありません。

では、「VISA」ブランドの場合に何ができないかと言うと、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えない、という点です。

「JCB」「Mastercard」ブランドなら、Apple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いにも使えます。

ですので、オンラインショピングなどでも「Apple Pay(アップルペイ)」で支払いたいという方は、イオンカードのお申し込み時に「JCB」か「Mastercard」のいずれかのブランドをお選びください。

イオンカードのご紹介
イオンカード(イオンマークの付いたクレジットカード)は、50種類以上あります。

各々、イオンカードについてご紹介していますので、カード選びのご参考になさってみてください。


●イオンカードのスタンダードカードである
「イオンカード(WAON一体型)」公式ページはこちら→
「イオンカード(WAON一体型)」詳細解説ページはこちら→

●唯一WAONチャージもポイント付与対象のイオン銀行キャッシュカード一体型の
「イオンカードセレクト」公式ページはこちら→
「イオンカード・セレクト」詳細解説ページはこちら→

●コスモ石油との提携カードでガソリンを会員価格で給油できる
「コスモ・ザ・カード・オーパス」公式ページはこちら→
「コスモ・ザ・カード・オーパス」詳細解説ページはこちら→

●コジマ・ビックカメラとの提携カードである
「コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)」公式ページはこちら→
「コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)」詳細解説ページはこちら→

●ときめきポイントではなくJALマイルが貯まる
「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」公式ページはこちら→
「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」公詳細解説ページはこちら→

その他のオススメのイオンカードご紹介はこちら→


Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) イオンカードについて

アップルペイ&Suicaの画像
Apple Pay(アップルペイ)にイオンカードを登録して、Suica(スイカ)加盟店で買い物の支払いに利用したり、電車などの乗降にSuicaを利用することができます。

まずはじめに、「Apple Pay(アップルペイ)」の利用目的として、「Suica(スイカ)」利用をお考えでしたら、イオンカードの中でも『イオンSuicaカード』をお選びになるといいです。

なぜなら、イオンカードの中で、Suicaチャージ分がポイント付与対象となっているのは『イオンSuicaカード』だけだからです。

『イオンSuicaカード』なら、カード利用で貯まった「ときめきポイント」を、Suicaへチャージして使うことができます。

また、「お客さま感謝デー5%割引き」「G.G感謝デー5%割引き」「お客さまわくわくデーポイント(マイル)2倍」「ときめきWポイントデー」など、イオンカード共通の付帯サービスを受けられます。

ただし、「WAON」機能は付いていません。「WAON」を使いたい場合は、追加カードで「WAONカードプラス」を発行して使うといいです。

『イオンSuicaカード』以外のイオンカードも、「Apple Pay(アップルペイ)」に登録して「Suica(スイカ)」を使うことができるのですが、Suicaチャージ分はポイント対象外となっているのでうまみがありません。

Walletアプリで使うか、Suicaアプリで使うか
iPhoneやApple WatchでSuicaを使う場合、Apple Pay(アップルペイ)の「Walletアプリ」を使う方法と、従来のモバイルSuicaに似た機能でApple Pay(アップルペイ)ユーザーが使える「Suicaアプリ」を使う方法があります。

「Suicaアプリ」は、「App Store」でダウンロードできます。

「Suicaアプリ」は、「モバイルSuica」に近い機能を持っていますが、「Walletアプリ」でSuicaを利用する場合、使えない機能がありますので、個人的には「Suicaアプリ」を使うことをオススメします。

「Walletアプリ」で使えない機能
  • 「VISA」ブランドは使えない
  • 登録できるクレジットカードはApple Pay対応カードだけ
  • Suicaグリーン券
  • モバイルSuica特急券
  • オートチャージ
  • ポイントチャージ
これらの機能を使わなくても良いという方は、「Walletアプリ」でSuicaを利用しても不便はありません。
Suicaで電車やバスの乗降や買い物で使うだけだという方は、「Walletアプリ」で大丈夫です。

「Suicaアプリ」ならほぼ全てのクレジットカードが登録可能
「Suicaアプリ」は、おサイフケータイが使えるAndroid(アンドロイド)スマホや携帯ユーザーに提供されてきた「モバイルSuica」に近い機能を利用でき、登録できるクレジットカードも「Apple Pay(アップルペイ)」対応クレジットカード以外のクレジットカードも登録できます。
したがって、ほぼ全てのクレジットカードが登録できるのが魅力です。

「ビューカード」マークが付いているクレジットカードなら、オートチャージ機能も使えます。
『イオンSuicaカード』は、「ビューカード」マークが付いているのでオートチャージができます。

『イオンSuicaカード』公式申し込みページ ≫

【おすすめ記事】

 

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→

 

 

WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→

 

 

イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→