「ときめきポイント」と「WAONポイント」

イオンカード(WAON一体型)の利用で貯まるポイントは「ときめきポイント」と「WAONポイント」なのですが、

クレジットカードの利用で貯まるのが「ときめきポイント」
電子マネーのWAON利用で貯まるのが「WAONポイント」
です。


ときめきポイントとwaonポイントのロゴ

どちらも、基本的に買い物利用額「200円ごとに1ポイント」が付き、1ポイントの価値はどちらも1円です。
ポイント還元率で言うと、0.5%還元となります。
イオングループ店舗では、毎日、クレジット決済でも、WAON決済でも「200円ごとに2ポイント」です。

クレジットカードのポイントに少し詳しい方は、ポイント還元率が0.5%だと一般的な還元率だな〜、と思う人も多いと思いますが、イオンカード(WAON一体型)をはじめイオンカードの魅力は、イオングループでの5%割引特典やポイント2倍特典となっていて、毎月20日・30日の5%割引きの日にまとめ買いなどをすれば、他のポイント還元率が高いクレジットカードより、得るリターンは多くなるので、結果的にはお得なんです。

では、次に、「ときめきポイント」と「WAONポイント」の使い方や交換の仕方についてちょっと説明しますね。

「ときめきポイント」と「WAONポイント」 使い方と交換先

ときめきポイント

ときめきポイントのロゴ

ときめきポイントの交換は、商品、商品券、ギフト券、WAONポイント、その他のポイントへの移行となっています。 ポイント交換やポイント移行は、ネットで『MyPage』へログインして簡単に行うことができます。

商品券、ギフト券としては、イオンコンパス旅行券、イオンシネマ映画観賞券、イーハートお食事券、USJスタジオパス、イオン商品券、JCBギフトカードなどがあります。

他のポイントへの移行先としては、JALマイレージマイル、dポイントがあります。1000ポイントからです。

WAONポイントへの交換は、1000ポイントからです。

WAONポイント

waonポイントのロゴ

WAON利用で貯まったWAONポイントや、ときめきポイントから交換したWAONポイントは、WAONポイントのままでは使えません。 WAONポイントを電子マネー「WAON」チャージする必要があるんです。

私の友人の一人に、WAONポイントもPontaポイントやTポイントのように、店頭でポイントを使いたいと言えばすぐに使えると思っていた人がいて、イオンのレジでWAONポインを使いたいと言ってちょっとはずかしかったという人がいました(笑)。実は、私も、レジで使いたいと言えば使えるものと思っていた一人です(^^;

で、貯まったWAONポイントを電子マネーの「WAON」にチャージするには、イオンなどWAON加盟店に設置されている「WAONステーション」でチャージするか、コンビニの「ミニストップ」の店頭のレジでチャージしてもらうか、ファミリーマートの「Famiポート」でチャージします。

私はいつもイオンの「WAONステーション」でやっています。簡単にチャージできますよ。WAONに現金でチャージする「WAONチャージャー」とは違う機械なので間違わないように。大体、2つ並んで設置されている場合が多いですので、一つが「WAONステーション」でもう一つが「WAONチャージャー」です。

複数枚のイオンカードで貯まったときめきポイントの合算

イオンカード(イオンマークのクレジットカード)は、他の企業との提携カードも含めると、50種類以上の券種のクレジットカードを発行しています。

したがいまして、イオンカード(イオンマークのクレジットカード)を、2枚、3枚と保有する方も増えています。

例えば、「イオンカード(WAON一体型)」と「イオンSuicaカード」を持っている人がいたり、
「イオンカード(WAON一体型)」と「ミッキーマウス デザイン」のイオンカードを持っていたりとか。

このように、複数枚のイオンカード(イオンマークのクレジットカード)を保有している場合、保有する全てのイオンカードをイオンスクエアに登録することで、マイページにてポイントを合算することができます。

イオンカードの複数枚持ちとポイント合算についてはこちらで詳しく→

「イオンカード(WAON一体型)」と「ミッキーマウス デザイン」のイオンカードの2枚持ちについてはこちらで詳しく→

●『イオンカード(WAON一体型)』の申し込みはこちら ≫
【おすすめ記事】

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→


イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→


WAONで税金を支払ってポイント獲得の画面画像

WAONで税金を支払ってポイント獲得
WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法があります。
WAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトでチャージして、WAONで税金・公共料金を支払えばいいのです。
詳しくは、こちらの「WAONで税金・公共料金支払いでポイントを貯める方法」にて→


イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→