なぜ私に利用限度枠の増枠通知が届いたのかを考察してみました

2月のある日、イオンカードからお知らせメールが届きました。
キャンペーンとか請求額のお知らせかなと思ったら、
なんと「ご利用可能枠増額のご案内」というタイトルだったのです。

↓こんなタイトルで
イオンカード利用限度枠の増枠お知らせメール画像


↓こういう内容のメールでした。
イオンカード利用限度枠の増枠お知らせメール画像02


さっそく、
イオンカードのウェブサイト「暮らしのマネーサイト」で
イオンスクエアメンバーにログインして、
“利用可能枠”をチェックしてみましたら、
50万円だった利用可能枠が70万円に増えていたのでした。


↓このように、イオンカード入会当初は50万円だったのです。
イオンカード入会時の利用限度枠画像


↓イオンスクエアにログインしてみたら
イオンスクエア内の利用限度枠の画像

↑このように70万円に増えていたのです。

増えたのは
総利用可能枠
ショッピング枠
です。

割賦枠は50万円のままですし、
キャッシング枠も50万円のままです。

リボ払いや分割払いを使う予定はないですし、
キャッシングも使う予定がないので50万円のままでかまわないのです。

それにしても、イオンカード発行からわずか6ヶ月くらいで増枠されるとし思ってもいませんでした。

もちろん、増枠されると余裕をもって使えるのでうれしいのですが、
私から増枠を申請したわけでもないのにこんなに短期間の内に増枠してくれて、
しかもクレジット利用実績もそれほど多くなかったのに、とちょっと驚きでした。

私のクレジットカード利用に関して言えば
利用シーンによって、
  • 楽天カード
  • りそなカード(三井住友カード系)
  • UCカード
この3枚を使い分けていたのですが
自宅から一番近いスーパーはイオンですし、イオンで買い物をする機会が多いので、WAONだけでなくイオンカードも使いたいな、使うともっとお得なはずだしな、と思ってイオンカードを作ったのです。

かといって、イオンカードが届いても、それまで通りイオンではWAONで支払うことが続いていましたし、WAONへのチャージもそれまで通り現金でのチャージをしていましたから、それほどイオンカードのクレジット利用が多かったわけではないのです。

イオンカードが届いてから増枠通知が届くまでの6ヶ月ほど、
私のイオンカードのクレジット利用は、
月に1万円前後から3万円前後の程度でした。

NHK受信料の引き落としをイオンカードにしたり、
アマゾンでの買い物をイオンカードで支払っていた、
程度の利用実績でした。

それまでの利用可能枠50万円が足りなくなりそうな利用実績ではなかったのです。

なので、利用可能枠の増枠があるとは思いもよらなかったのです。

私は、WAONもWAONポイントカードもイオンカードも、スマートワオンに登録しているので、長年のWAONでの利用実績も評価されて、イオンカード発行から6ヶ月という短期間でのイオンカード利用可能枠の増枠ということになったのかも?(根拠のない推測です)
当サイトの「スマートワオン登録」などについて→


いずれにしましても、イオンカードに申し込んで発行されたけれど、利用可能枠が低かったという方でも、6ヶ月後、1年後くらいには、増枠のお知らせが届くかもしれません。

また、もし、利用可能枠の増枠をして欲しいのだけれど、増枠のお知らせがなかなか届かないという方は、増枠を申請してみるのもいいかもしれません。利用可能枠の増枠申請もできるのです。
当サイトの「イオンカードの利用限度枠の増枠・一時増枠について」→


ちなみに、イオンカード以外のクレジットカードも、利用可能枠の増枠・一時増枠の申請をすることができます。
申請すると審査にうえですが、増枠してもらえる可能性があります。

増枠申請時の審査においては、クレジットカードの利用実績が重要だと言われています。
それと、もちろん、クレジットカード利用代金の滞納・延滞がないことが必須です。(増枠申請をするクレジッカード以外の所有クレジッカード全部のカードにおいてです)

一時増枠とは、字のごとく、一時的な利用可能枠の増枠です。
例えば、海外旅行に行くからとか、引っ越しで家電をまとめて購入するとか、結婚式を控えているからとか、そういう時に短期間の間だけ利用可能枠の増枠がされるというシステムです。
ちなみに、一時増枠については、ライフカードやエポスカードは積極的に受け付けているようです。

【おすすめ記事】

 

イオンカード即日発行ページの画面画像

イオンカードの即日発行
イオンカードは即日発行(即時発行カード)できます。
ネットからお申し込み後、審査に通ったら、その日のうちに、お近くのイオン店舗などで受け取れるので、お急ぎの方に人気です。
詳しくは、こちらの「イオンカードの即日発行(即時発行カード)について」にて→

 

 

イオンカードはアップルペイ登録OKの画面画像

イオンカードはアップルペイ登録OK
イオンカードはアップルペイへ登録できます。
「iD」が割り当てられますので、「iD」が使えるお店で使えます。アップルペイ利用分にもときめきポイントは貯まります。
詳しくは、こちらの「イオンカードはApple Pay対応クレカ」にて→

 

 

イオンカードは複数枚餅OKの画面画像

イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK!
イオンカードは2枚持ち、3枚持ちがOKぬなんです。
例えば、「イオンカード(WAON一体型)」を持っていても、Suica用に「イオンSuicaカード」に加入OKですし、高速道路利用用に「イオン首都高カード」に加入してもOKなのでい。ポイントも合算することができます。
詳しくは、こちらの「イオンカードは複数枚(2枚・3枚)持ちOK」にて→